Never ending journey

なんもない。

「はぁーーーん!?」

乙女を敵に回すような記事になってたらごめんね!!!

 

 

履歴書に自信持って書けるわってくらい(実際書きませんが)ゲームが好きで、色んなジャンルのゲームに手を出したいと思って色々やってはいるんですが、まだまだ全ジャンルは制覇してません・・・。

 

乙女ゲーは、乙女な友人が「金色のコルダ」と「遥かなる時空の中で3」を貸してくれてからそれなりに気にするようになったのですが、未だにこの2つより面白い乙女ゲーが無い。

乙女ゲーというよりもう「ゲーム」としてガチで面白いんだよなこの2つ。

それもそのはずで、特にコルダは男性がプレイしても面白いように作ってるってスタッフも言ってるし、面白いのも当たり前。

 

ただし、甘ぁい囁きには「はあああああん!!?」っていう反応を起こしてしまう(笑

正直イケボと言われてもピンと来ない・・・いい声すぎんねん・・・いや天龍源一郎みたいな声で言われても困るけど・・・!(笑

あとやっぱ声優さん目当てとかじゃないからだと思うんですけども・・・。

「中の人」っていう考え方が嫌いなタイプだし。

 

「お前絶対そのセリフ他の女にも言ってるだろ」みたいな、香水臭そうな男性キャラが最近多すぎる。ホストか。

そこまで本読みってわけじゃないけど、やっぱりキャラってのはバックグラウンドなんだよなぁ。

はるときはキャラ全員バックグラウンドがしっかりしているのがいいです。

あとなんか最近短期間で押し倒しすぎじゃね?

でもギャルゲーでは昔からがっつりラッキースケベなんてものもあったわけだし、これも時代の流れやね。

でもなんでちょっとSという名のDV男っぽい奴多いの?皆それでええの?

なんかほら、いるやん。上から目線で「これ俺の命令な」みたいなん言う奴。

お前何様やねん。尾崎の勿忘草聴けやと思ってまうわ。

 

 

とは言っても、やっぱりこういうキャラゲーはキャラがメインとなるので、見た目ってすっごい大事なんだよなぁ。

第一印象で「きゃあこの絵柄(もしくはキャラ)すっごい好み!」って乙女の心を動かす魅力が溢れてないといけないわけで・・・時代を反映させてるなと思いますが、ソレが今のあのホストっぽい香水臭そうな男子になっていくわけだな・・・。

私薄桜鬼プレイしたときガチで近藤さん攻略したかったのに、近藤さん途中で晒し首になってしまってどうしようかと思ったわ。

その後沖田くんと逃げましたが。

 

はるとき同様歴史上の人物を攻略キャラとしていたけど、こちらははるときほどの濃さは無く、「ゲームやらない女子向け」って感じでしたね。

もっと「風雲 新撰組」みたいにガチガチの感じだったらものすごくハマっていたかもしれない。

隊士の方々とガチ手合わせ面白かったよ。それぞれの流派の組み合わせがほんと楽しかったんだけど、敵の数とかには不満があるのでもっと爽快感出してリメイクしてくんないかね。

違うゲームの話になってるよ!!!

 

多分もう「ゲームをやりすぎて初心のゲームの楽しみ方が分からなくなっている」状態に近いのかもしれない。

これは良くない。初心に帰りたい。でもゲームの初心ってどうやって帰るの?

しばらくゲームから離れればいいの?

それは無理。