ネバエンジャ

ゲーム感想は基本ネタバレ無しです。

時代においてかれてる

普段ネットサーフィンをあまりしないので、

やることと言えば気に入ってるサイト2,3つくらい見て回るだとか

たまにお絵描きだとかそんなんがほとんどで

「そういえばなんか新作のゲームでないかな」とか言うのもほとんど調べる事がないです。

SNSもやってないし、登録してたゲームサイトもみちゃいねぇ(笑

気が向いたとき(数ヶ月に1回とかレベル)でたまに調べてみるっていうレベルなのですが・・・・・

 

 

飛ぶ孔雀

飛ぶ孔雀

 

 

自分にとって大事な物、欲しい物、興味をそそられるものって、

ちゃんと勝手に情報が入ってくるんだよね~不思議。

 

 

そんなわけで、山尾悠子久々の新作ー!

 

4月ごろから知ってたんだけど、色々思うことあって正直ブログに書くの躊躇ってた。

でもなんかもう発売日近付いてきてワクワクが止まらなくなって来たんだ・・・。

 

雑誌掲載時のを追いかけようと思ってたんですけど、

ドラマとかアニメのような追っ掛け系が苦手な人間なので、

最初だけ読んで後は「単行本化を待とう」になったクチです。

 

 

山尾悠子との出会いは「ラピスラズリ」だったと思う・・・。

図書館の隅っこにひっそりとあったんだけど、装丁が綺麗で、思わず借りちゃったのがきっかけ。

それから刊行されているものを集めるようになって、「山尾悠子作品集成」まで買ってしまう始末。

 

山尾悠子作品集成

山尾悠子作品集成

 

↑1万円近くする、辞書並みに分厚い本↑

 

角砂糖の日のもちろん購入済み。再販版だけど。

 

 

角砂糖の日(新装版)

角砂糖の日(新装版)

 

 昔の奴はオークションで高値で買うしか手に入らなかったから

めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

飛ぶ孔雀もすぐに読むことはできないと思うけど、

楽しみです!