ネバエンジャ

ゲーム感想は基本ネタバレ無しです。

神なる君と

www.otomate.jp

 

仕事ミスりまくりでもう死にたいです千葉子です。

廃人前ならちょっとしたミスで顔真っ青にして死ぬ勢いでしたが、今では「どうでもいいわ」状態です。割と色々投げやりです。それでも生きてきた環境のせいか人の顔色伺いまくるとこなんとかしたいです。

どうでもいい話終わり。

 

 

 

「神なる君と」プレイ中ですが、前記事書いた後一旦寝て今から続きやろうか悩んでるとこ。

ちょっと寝てから思ったんすけど、これ乙女ゲーだからどんどん恋愛に発展していくわけですよね・・・。

そんなの嫌!!!!!!!!!

 

今この瞬間が永遠に続けばいいのに・・・。

という青春マンガでも最近見ないようなセリフが脳裏に浮かぶのですが、まさにその通りで、恋愛要素が入ってしまったら今のこの和気藹々な環境がぶっつぶれる恐怖が押し寄せてきまして・・・。

「いっそ恋愛に発展しない選択肢を選べばいいんじゃないかな」とちょっと思ってるとこですが・・・・・・・このゲームそれはできるのかしら。

いやでも最初のほうの選択肢ですでに「水庭君の方行くかメガネのほう行くか」みたいな選択肢あったから、うたプリ制度ではないと思うんだよね・・・。

うたプリ制度・・・最初の方ですでに攻略キャラを誰にするか選択肢がでるので選んでそのキャラにだけ集中すること)

 

それか、あまり恋愛恋愛してないといいかなぁ。アカイイトアオイシロでは、百合ゲーだけどどっちかというと「友達以上恋人未満」みたいな関係だったので(恋人未満という言い方もおかしい)、あまりイチャイチャしすぎず、もっとこう・・・「縁」みたいな・・・「絆」みたいな、そういった関係だと個人的には色々ぶっ壊れなくていいかもです。

 

と言ってもやってみないことにはやっぱわからんし、未だに誰を攻略しようか悩んでるとこだし、結局優柔不断のせいで「誰とも恋をせず終わった」エンドになる可能性だってなくはない。

乙女ゲーをやると大体「好きなキャラをとりあえず攻略→女の子を攻略→あとのヤロー共はやる気があれば」みたいな感じ。

よほど性格の悪い女だったら攻略しないけど、乙女ゲーにおいて主人公に続くもう1人の女子は大概性格が良いのである。

SNSに無断で変な画像上げたり、悪口を書くような女子キャラはまぁいない。あとたいてい女子力が高い印象。多分主人公のほとんどが「ドジで間抜けな天然少女」だからだと思う。それを補うために女子力が高い子がほとんどなのかなと。

 

そんなわけで、「愛が生まれることによって今の関係性が音を立てて崩れる恐怖」と戦いつつも、やっぱりやり始めたからには1人でも攻略しなければ、私のゲーム好きとしてのポリシーとしてそれは許されないので、頑張ろうと思う。

 

 

もっとどうでもいい話。

ゼノサーガの夢を見ました。

ジン、ケイオス、モモでパーティ組んで謎の施設に挑むとこでした。

ジンだけふんどし姿でした・・・水着・・・。