ネバエンジャ

ゲーム感想は基本ネタバレ無しです。

神なる君と(ネタバレ有)

f:id:ginirorion:20171120053051j:plain

 

今回はバナーで。個人的一番好きなミコト様で!!

見た目から性格からルートまで何もかもが愛しい・・・・・。

 

というわけで、ついに、ついに。

メインディッシュのミコト様をクリアしました!!!!!

 

そんなわけで、「神なる君と」、全キャラ制覇・・・もとい全クリ致しました。

乙女ゲーを全クリしたの初めてかも・・・。

 

今まではるとき3が個人的に不動のトップだった私の中の乙女ゲーランキングですが(そもそもやってる本数が少ないんだが)、それを追い抜く勢いでかなり良いゲームでした。っていうか追い抜いたかもしれない。

密林の星の数は正しいぞ!!!

 

 

どのキャラも話がしっかりと面白く、全員のストーリーで涙を流しては、EDで「うおああああああああ良かったね”ぇぇぇぇぇ!!!!」と目から汗を流してプレイしておりました。

涙なくしてはできないゲームだった・・・。

なんか常に目元が潤っていたような気がするのだが気のせいだろうか・・・。

 

どの話も儚く美しく、ぎとぎとしたもんが一切ない綺麗なお話でした。

どの男性陣も相手が相手なだけに、恋というよりは愛要素が強いのですが・・・その過程がまたいいよ・・・。

 

あと、主人公が非常に好印象です。

 基本乙女ゲーの主人公はイマイチ感情移入ができないというか・・・「可愛くないなー」と思いがちなのですが、本作の主人公が非常によろしかった。

さすが神に選ばれるだけの事はあるな・・・。

 

そんなわけで、「オトメイト作品かー・・・」と思ってあまり期待をしておりませんでしたが、全然!!私が間違ってました!

作りも丁寧だし、テキストも凄く綺麗だし、絵も綺麗だし、話も凄く綺麗だし、音楽もいいし、演出も凝ってるし、なんだか凄く気持ちが優しくなれるし、かなりの良作なので、オススメです!

音楽は「我が力 誰が為に」が一番好きです。

 

病んでるときにやるといいゲーム、だと思う。

マザー2的な優しさが溢れている。

 

まだ頭の中で整理がついておりませんが、今思いつく限りの悪い点をあげるならば、

・テキストログが無い

・絵馬システムが中途半端

・ミコト様ルートが人によっては結構内容把握が難しいかもしれない

 

かなぁ・・・。

私としては複雑な話が好きなんで、ミコト様ルート大好物なんですが。

 

 

では続きからネタバレです。キャラそれぞれの話についての感想書いてます。

 

 

 

 

 

 

 

【鳴海】

一番最初にクリアした方。

私の乙女ゲーの経験上、「メインキャラから攻略したほうが面白い」という事を学んでいたので、一番最初にメインの鳴海を選びました。

終盤につれて鳴海の五感が失われていくところがすっごく辛かった。

あと、一番主人公と「恋」をしているキャラクターだなと思います。

 

幼馴染という立場上、常に主人公を助けて味方してくれる鳴海ですが、一時は「主人公のストーカーでは・・・」と他のキャラ攻略してて思う事もありけり・・・(笑

ですが、すごくいい奴です。

いい奴すぎて、鳴海攻略以降は他のキャラ攻略に申し訳ない気持ちすら抱いた・・・。

あと、「このゲーム凄く面白いよ!」って事を私に教えてくれたのが鳴海だしな・・・一番最初にクリアしただけあって、色々と衝撃が凄かった。

声が保志さん、という事でしたが、私の中ではゼノのケイオス君とかTOEのキールみたいな印象が強かったので、「全然印象が違う!」っていうのも衝撃でした。

確かに「保志さんだな」ってのはわかるんですが・・・・・・いや、声優さんって凄いっすね・・・。

 

 

【弓鶴先輩】

二番目にクリアした人。

実はわたくしメガネで偉そうなキャラってのは苦手なタイプなんですが、何故か馬鹿にされても気分を害することなく・・・というのも、作中キャラが代わりに言ってくれましたが、「愛のある悪口」なんスよね。あ、なるほどなと思った。

正直な話、この人単体としては話のインパクトが弱いというか・・・いや確かに泣いたのですが、そこまでわっとくるものがなかったのですが。

八雲兄さんをクリアしてから「うわあああああああああ・・・!!!(涙)」状態でした。

弓鶴先輩と八雲兄さんは両者をクリアして本当の感動にたどり着く、みたいな。

それからビックリするくらいこの人もマジでいい人である。作中多分一番いい人。

 

 

【苓くん】

三番目にクリアした人。

ラジオでの会話が非常に印象的で、あのシーンは涙ぽろぽろでした。

正直そこまで話の本筋に絡んでるキャラではないんだな・・・と、ちょっと拍子抜けするようなオチでしたが、ミコト様を除く4人の中では演出が一番好きかもしれません。

彼の正体がもうちょい本筋に絡んでくれてたらもっとよかったんだけどなぁ・・・。

 

 

【八雲兄さん】

ミコト様を除いて最後にクリアした人。

弓鶴先輩のあとにクリアしようと思ってたんですが、他のブログでちらっと「八雲兄さんが一番衝撃的」って言葉を見てしまって嘆いていたので(ネタバレが嫌いなんで)、そんな事情で4人中最後が八雲兄さんになりました。

 

熱血漢というよりも「超人」キャラで異様なテンション、それでこのゲームのテンションをかなり熱く上げてくれる役割を担っているキャラですが、

この方の話はマジでほんとに衝撃的だった・・・・。

弓鶴先輩のルートをクリアしてるので、八雲兄さんの正体を知ったときは「うおあああああああああ!!!!!」ってなりましたが、これ、逆でもきっと「うおああああああああ!!!!」ってなってたんだろうな(笑

 

話としては、ミコト様を除いて多分メインの鳴海以上に「こいつがメインじゃね?」ってくらいの物語。

ラストの演出には本当に涙して、しばらく魂が抜けた状態でした。

 

 

【頼仁さん】

頼仁二世の話は本気であかん・・・!!!!!涙が止まらなかった・・・!!

二世の正体についてはなんとなくそうだろうな、というのは始終ありましたが、特にそういうのをがっつり隠そうとしているわけでも無さ気でしたし、

何よりそれがわかっていても大粒の涙だったので・・・。

 

色んなところで笑わせて頂きましたが、とにかく愛しい狛犬様です。

ミコト様同様優しいしね。

 

 

【フーさん】

便利な使われ方をしているキャラ。

基本悪役がそういないゲームですが、三神ルートではいい具合の悪役もしてくれましたねー。

人生の先輩として頼りになる人なので、悩める主人公の背中を押してくれる姿が凄くいいなと。

 

フーさんルートは正直他と比べると印象がちょっと薄かったかなぁという思いもありますが、事件が解決しても「これからも自分を責め続ける、それを本人が望んでる」っていう描写は凄く良かったし、このゲームの本質を語ってるルートではないかなと。

 

 

【亜紀ちゃん】

さらさらツインテールが可愛い。

亜紀ちゃんルートの話は割とポピュラーなネタだな、とも思いつつ、やっぱり泣いたのでありました(笑

文字でしか表現されないから頭の中で光景を浮かべるしかないんだけどさ、

亜紀ちゃんの横顔凄く綺麗だったな・・・と思うと本当にまた涙が・・・(涙

 

女の子キャラにしか出せない美しさを見事に出してくれたなぁと。

あと、長女感がちゃんと出せていたのも凄くよかった。

しっかりしてるんだけど、ぐいぐい主人公を引っ張るんじゃなくってこの子も割りと頭が弱い子なんだなぁ(笑)ってとこが凄く良いです。

 

 

【三神】

三神ルートほんとに泣かされました・・・。

普段おちゃらけキャラなだけに、マジでキました・・・。

最初はこういうマスコット系キャラに「うーん・・・」とか思わなくも無かったのですが、もう普通に愛しい存在になっているのだから凄い・・・。

タマちゃん可愛い!!!!!

トゥルーソードに笑った(笑

 

 

【ミコト様】

「神なる君と」を全てクリアするとなると、この人がやはり話の中心となりますんで、必然的に語るのも最後になりますねぇ・・・。

キャラとしても大本命です。

見た目も性格も一番好みだったんで、本当なら一番にクリアしたいキャラなんですけど、「メインからクリアすべし」という経験を忠実に守って・・・・・と思ったら、この人なんにしても他の4人全員クリアしないと攻略できないっていうね(笑

今までプレイしてきた乙女ゲーキャラの中で一番好きかもしれません。

 

「さぁ!ミコト様攻略するか!多分4人全員と仲良くならなかったらいけるんだよな!」と思ってたんですが、もう最初の方でミコト様からの依頼が突然出てきたのでびっくりしました。

4人を攻略する際は割と時間をかけて「●●ルート」というのが決まっていくのに対し、ミコト様は最初の選択肢でもうルート確定するお方。

「4人を攻略した上で完結するルート」なので、いわば攻略キャラの1人ではなく、グランドルートみたいな感じだったのですね・・・。

 

グランドルートと言うだけあって、めちゃくちゃ長い。本作は私の中で本当に素晴らしいゲームだったので、いつもならセリフは読み終わったらそのまま進めちゃうのですが、声を全部聞いてから進めてました。20分程度休憩は挟みましたが、6時間くらいで終わったかな。

 

CERO:Aの乙女ゲーでまさか主人公が死ぬとは思って無くってびっくりしたんですが、その後ミコト様視点で話が進められていくのが個人的に凄くぐっときました。

過去にさかのぼって、主人公を助けて、戦い続けて・・・・ほにゃっとした優しい神様ですが、凄くかっこよかった・・・っ!!!!

 

ミコト様ルートに関してはこの物語の本筋となるので、色々くるものがあって頭がまとまらないのですが、これだけは言える。

一番好きだ。

 

多分、きっといつかまたミコト様に・・・いや、このゲームそのものに触れたくなると思う。

それくらいいいゲームだった。プレイできてよかった。

なんとなくパケ見て衝動買いした自分グッジョブ。

・・・でもソフトがなんかバグ気味で、ちょこちょこ「ゲームを終了しますか」の問いかけに苦しめられたので(笑)

 

 

 

買っちゃったよ、2本目。

 

 

密林でポチってしまった・・・。

 

 

 

いつか何年後かに、絶対「やりたい」と思ってやってる自分がいると思います。

だから、買いなおしは無駄ではない!!!!!!!

 

 

あと、スチルが埋まってないんです。

鳴海のが1枚と(絵馬イベントのおまけを知らなくて取り逃したやつ)、ミコト様のスチルが1枚。

でもミコト様はどう考えても取り逃したはずがない!!!と言いきれるので、多分「誰とも仲良くならなかった」時に取れるスチルちゃうかと個人的には思ってるんですけど・・・。

とにかく、スチルを埋めたいのでまだもうちょっと続くよ!!!

それに、まだこのゲームを終わらせたくないし。