ネバエンジャ

ゲーム感想は基本ネタバレ無しです。

イース9 クリア

イース9クリアしましたー!いやぁ、大冒険したー!

感想やらなんやらはネタバレになるので下記にて。

 

 

 

 

最終パーティは「アドル」「クレド」「ジュール」と全員男キャラになりました。

クレドに打撃の王冠つけて属性を変えてました。

ちなみに最終レベルは82。

装備は一応全員最強のやつにはしました。ラスダンで手に入る最強装備の設計図のやつ。

 

個人的にはラスボスのインパクトが少し弱いなという印象でした。

かといってゾラの心情から、ゾラがラスボスとさってのもちょっと違う気がするし…。

なんか…なんとなーくですが、ふわっとした感じなんだよ…。

それか、「ここまできてやっぱそーいう考えに至るのねラスボス…」っていう感じ…かな…?

せっかく「主役がアドルである意味」を持つラスボスだっただけに中身スカスカって感じがしたかな…。

 

 

ただ、今作も普通に面白かったし、もし8をやっていなければ「なんやこのゲームおもすれえ!」ってなってたと思います。この影響で他ナンバリングにも手を出していたと思う。

伏線回収の仕方も相変わらず面白いなと思ったし、何より終わった後に「はぁ〜〜、大冒険したなぁ〜〜!」って達成感というか清々しさというか、充実感を感じられたのはRPGとしては一番大切なことだと思う。

いい冒険だったなアドル!

 

8も良かったが9には9のよさがあった。

ただ、やっぱり個人的には8の方が好きなので、そこは少し壁になってしまうかな…。

全体的に綺麗にまとまってる感じがするんだよね、8は。ストーリーもシステムも。

 

ただ、サブキャラたち(酒場の仲間たち)の話は9の方がインパクトがあった。

おかげで別れが惜しいじゃないか…。

 

ちなみに今作一番好きなキャラはベルガー監獄長です。マジで。

 

 

 

追記

そうそう、今作のクレドのスキル「テンペストレイ」、個人的に一番好きなスキルです。カッコヨ。

あとジュールのスキルが割とどれも曲者って感じで好きでした。