ネバエンジャ

ゲーム感想は基本ネタバレ無しです。

OPUS 地球計画

リンクはあとで貼りますが(スマホからなんで貼れない…)、クリアしました。500円だからね〜。

 

や〜、なんでこれを500円クオリティにしちゃったのかわからない。

1500円くらいのクオリティで作っていれば間違いなく良作になっていた、という感じです。

500円クオリティだから悪いゲームだった、って意味じゃなくて、面白いゲームだっただけに、もっと手間と時間とお金をかけていたら…!と悔やまれます。とにかく素材がいい。

ヒントを元に「惑星」を探すっていうのは私の中では新しかったし、演出もなかなか500円の割には素晴らしいというか、「金かけてたらいいゲームになってた!」っていう片鱗みたいなものを見せられたゲーム。

直接的な表現がないので、抽象的なゲームが好きな人にはオススメかも。手軽にできるし。

ラストのリサのセリフには少し涙が出そうになりました。直接的な言葉の表現もないだけに…。

 

手軽に少し「くっ」とくるゲームがやりたい、って人にはオススメだと思います。500円の価値はある。

ただし、やっぱり全体的な素材がいいだけに、低予算で作られたのが本当に悔やまれます。

音楽も良い………。

決して番人受けしないゲームだろうとは思いますが、インディーズならではの良いゲームだなと思いました。

「魂の架け橋」も買いかな!

 

ゲームのシステム面はもう少し工夫が欲しかったかな?とにかくやることが単調なので、どっちかっちゅーと雰囲気を楽しむゲームです。

あとデフォで設定される星々の名前は72の天使の名前、だと思う。

 

 

クリア率は98パーセントでした。

あとの2%どこにあったんや…!