ネバエンジャ

ゲーム感想は基本ネタバレ無しです。

va11-hall-a(ってこんなゲーム)

publishing.playism.jp

 

クリアしました。でも、まだまだ。2周目行くよーー。

ネタバレ感想の前に、さくっとどんなゲームかを・・・。

 

207×年グリッチシティという街にある「va11-hall-a」通称「ヴァルハラ」というバーが舞台。

プレイヤーはそこのバーテンダー「ジル」。

スチームパンクの世界なので、世界観や常識は独特。

訪れる客は人間だけではなく、色んな人種(?)が訪れる。

リリム、キャットブーマ、ケース入り脳みそ、犬・・・・・などなど。

リリムはアンドロイドのようなもの、キャットブーマについては作中で説明される種族。種族ではないか。

 

犬が会社を経営していたり、スーパーアイドルリリムやセックスワーカーロリリリム、24時間自分の生活を動画配信してるストリーミングちゃん、殺し屋・・・・・・・基本的にまともと言える客が少ない(笑

が、話の内容は非常に奥深い。まるでカクテルのように!!!

相手の見た目や気分、話の内容を読み取ってカクテルを提供する事で、話の内容が変わったりなんたりする。

 

客によって会話の内容はそれぞれですが、難しい単語のオンパレードだったりする。

単語というか・・・話の内容が難しいって言った方がいいのかな。

「唯我論」とかあまり考えたこと無い人には合わないと思う・・・。お酒を飲みながらする話としては少々ヘビィな内容が多いかもなー。

結構クレイジーかもしれないな。このクレイジーさが良いんだけど。

 

・難しい話は嫌い

・同性愛に偏見がある

・アダルティでクレイジーな雰囲気は苦手

・下ネタ無理

 

って人には無理ですね。

あと、割と真剣に(それなりに)会話を把握しておかないと、「え!なんだっけ!」ってなったりするので、会話的に「うわぁ難しいから読み飛ばしとこ」ってなるとちょっと困ることになったりするかも。それほど進行に多大な影響を及ぼすわけではないけど。

 

あと音楽結構いいね。

サントラ付きのやつを予約しなおしてよかったよ。

 

プレイする客層がイマイチ読めないところ。

10代にはちょっと早いし・・・。

そもそも日本人のお口に合うのかな、このゲーム・・・っていう感じ。

強いて言うならブレードランナー的な感じかな!万人受けはしないし、「意味がわからなくて眠くなった」っていう人が多そうな中、コアなファンがつきそうな・・・そんな感じのゲーム。

 

ちなみにカクテルカクテル言ってますが、「シャーリーテンプル」とかそういったオーソドックスな奴は出てこないよ。

多分ビール以外は架空のカクテルだと思う。ビールもビールじゃないけどな。

これでカクテル覚えたつもりになってこのゲームのカクテル名をさぞ存在するかのように使ったりしませんよう・・・。

 

私はガットパンチが飲んでみたい。