Never ending journey

なんもない。

猫を抱いて象と泳ぐ

最近将棋ブームがすごいっすよね。

将棋、ルール覚えたいけど難しくて……数学苦手な私には無理な気しかしないよ…。

 

ブームに乗って将棋を子供にやらせる親をどう見るかはさておき(将棋自体はいいと思うんだけどね。)、個人的に将棋やらすならまずこれ読んで欲しいかも。

 

 

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

猫を抱いて象と泳ぐ (文春文庫)

 

 

 小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」。

 

将棋じゃなくてチェスの話なんだけど、ただただ勝負だとか頭のいい子だとか天才だとか、そういう考えではなく、盤面の宇宙の中で繰り広げられる世界をまずはこれでみて欲しい。

かなりファンタジー色が濃いというより小川洋子ワールド全開で、チェスのルールがわからなくても楽しめる本です。

小川洋子の本をファンタジーって枠に括るのは誤りだな…。

 

そういえば昔モーニングで読んでた将棋の漫画面白かった。