Never ending journey

なんもない。

無駄のない動きを

合理的な考え方が好きだ。

例えば、関東では馴染みがない話かも知れないけれど、電車に乗るとき自分が座るためにはどうするか。

二人でいるときは、ドアの両端に二手に分かれて席を確保するのが正解だと思うし、一人の時はなんこ目のドアで待っているかによる。

車両の隅にある優先座席が近い側は、その分座れる場所が減るわけだから、優先座席が遠い方に立ってるのが正解と思う。…まぁ降りるのが遅い奴がいたら負けるけど。

 

そういう普段から何気なく気が利くような無駄のない動きをできる人が好き。

あ、大阪のおばちゃんとかはダメ。あれはだって合理的じゃない。ただ単に早く動いて人を押しのけてるだけ。あとやり方が下品。

もっとスマートに場所を確保できるような、作戦勝ちでないと意味がない。

そういう人は他のところでも凄く気が利く人だしね。

 

かと言って無駄をカットすることに情熱を注ぐような奴はダメ。

急がば回れもちゃんと理解している人がいい。

せっかちは結局損をするから。

 

仕事で昔の考え方のおっさんとかいますやん。

あれは合理的でないから許せない。

合理性<努力と根性、みたいな奴な。

「間違えるのはお前がちゃんとしてないからだ」とか言う奴。合理的な考え否定派の奴。

一理あるが、まずやり方を見直せよと思うし、そもそもお前は間違わんのかとも思うし、もっと言えば「ポカヨケ」って言葉あんた知ってる?って話。

 

別に嫌なことがあったわけじゃないんだけど(笑)、なんかこう言う奴がいるって話を聞いたので。