Never ending journey

なんもない。

あまつき

あまつきのウィキペディアがなんか変。 ちょっと寒いですね…読みやすいけど。 昔読んでたんだけど3巻くらいまで読んでやめた。意味がわからなかったから。 話がすぐ切り替わるから展開が意味わかんなくなっていくんだよなー。 でもあれ何気にSFだったんすね……

菅浩江

タイトル忘れたんだけど、昔読んだ本に「ムネーモシュネー」っていう機械が出てくる本がありました。 人間の脳とリンクしていたような気がする。 だから、言葉では伝えられないものを調べさせることができる。 記憶してる映像の一部分から映画のタイトルを導…

ランウェイで笑って

マガジンで掲載されてる「ランウェイで笑って」、連載開始から読んでますが面白いから単行本欲しい。 何が面白いのかはよくわかんないんだけどなんか自分の中ではとても面白い。 終わっちゃうのかな〜〜連載続けて欲しいな〜〜。 今週号は鳥肌立ったんだけど…

やりたいことやったもんがち青春なら

やりたいことが多すぎてやりたいことがてきない。 まずはドラクエ3をクリアすることが何より先決。 そしてアホ防止のためと数学力向上の為に毎日ナンプレを風呂でプレイ。パズルゲームが苦手なんですよね、私。それはほんとによく負けるジャンルなんで、強く…

千早茜

千早茜新刊出すんですね〜! この人の作品は魚神しか読んでなくて、でもすごく好みだったので本購入したんですけど…それからの作品は読んでなくて……。 現代が舞台になってる話があまり好きでなくて、車とか電車が出てくるのがなんか嫌。もちろんその中でも好…

漫画ラーッシュ!

七つの大罪 今週号ーーー!!!!!! だだだだだ団長とエリザベスの過去泣くしかないんですけどどどどどどど。 おはようサバイブ 龍ちゃんがまさかの龍ちゃんだった。 なんかだいぶ後ろの方に下がってきてるけど大丈夫かな?? 読みやすいけど若干テンポが…

newton

雑誌のnewtonをこの前何気なく立ち読みしたら、あまりに面白くて見入ってしまった…。 でもnewton、月刊で1000円超えるんだよね。高いんだよね…。 難しいと思ってたけど結構わかりやすく書いてあって本当におもしろい。 Kindleなら安いので、たまに買おうかな…

猫を抱いて象と泳ぐ

最近将棋ブームがすごいっすよね。 将棋、ルール覚えたいけど難しくて……数学苦手な私には無理な気しかしないよ…。 ブームに乗って将棋を子供にやらせる親をどう見るかはさておき(将棋自体はいいと思うんだけどね。)、個人的に将棋やらすならまずこれ読んで…

作家の話

服部まゆみ、小島てるみ、森茉莉は好きだけど、長野まゆみ、三浦しをんは苦手。 わかってくれる人いないかなぁ……。 長野まゆみと三浦しをんはなんか読んでくうちに嫌悪感が出てきて読めないのよ………。 何回かチャレンジしてみたけど無理だった…。 服部まゆみ…

朝飯前クイズ

丸太を三つに切るのに6分かかりました。 では6つに切るのには何分かかる? という、0655でやってたクイズ………。 数学系(って言うのかな)が苦手な私からしたらこの0655のクイズ、毎回目から鱗です…。 普通に12分やろ!?12分ちゃうん?!! とか思うやん…違う…

ソールライターのすべて

なんだか写真集が見たくなったから結構前に買ったんですが、その後会社の人となんてことない会話の中で「日本はニューヨークの10年は遅れてる」みたいな話になって、その通りだなと思いました。 遅れてると言うよりもあまりにも周りに感化されすぎてダサくな…

薬指の標本

笙野頼子の「硝子生命論」を読んだ後か読んでる途中かは忘れたんだけど、凄く綺麗な夢を見て、起きた時にそれを「瓶に詰めないと!!!」と、なぜか必死に空き瓶を探したことがつい最近あったんだけど、それから数日経った今もその瓶は大事に取ってます。 そ…

月迷宮

赤江瀑の「月迷宮」読んでるんですが、読んで損はないけど面白くはない、という感想です今のところは。 読みやすいんだけど新鮮味がないというかなんというか。 「ふーん」みたいな感覚です。 これだったら個人的には今邑彩のほうが好き。 赤江瀑は一回違う…

翻訳本って

読みにくいよね。基本的に本が好きというより物語やその世界観が好きだったりするので、読みにくい翻訳本は苦手です。でもその割に文体なんかはとても気にします。読みやすければいいってわけじゃ無いけど、読みにくいのが正解でも無い。想像力を掻き立てる…

わーいわーい

やったーやっと来たぞー!!! うぎゃあぁぁ!!!!!! 分厚いお!!!!!! あ、でも山尾悠子作品集成は辞書並だったからそう思うと薄い!!!……。

硝子生命論

笙野頼子の「硝子生命論」読み終わりました。 一回借りて、時間切れで途中で返したけどしばらくしてどうしてももう一度読みたくなってもっかい借りて、やっと読み終えた……。 なんていうか、全部読み終えてまず「これが文芸雑誌に載ってたのが凄い!」という…

椎名林檎とか

年取ると好みが変わってくるとは言うけど、それをすごく実感したのは椎名林檎だな。 20代前半までは好きだったんだけど、25超えた辺りから一切の興味がなくなったのと、「何故好きだったんだろう…」っていう気持ちがすごく湧いた。 嫌いではないんだけど……聴…

春の夜に

ピナの音楽を聴きながら笙野頼子の硝子生命論を読むことのなんて贅沢なこと。 でも歯に挟まった苺のタネが気になって仕方ない。 歯磨きしても取れんかった…。